2006年3月 2日 (木)

鵠沼に於ける著者

著者に対し写真を求められる方が多いので、最近鵠沼で写したのを本書に添へることにし...

» 続きを読む

| | コメント (116) | トラックバック (1)

2006年3月 1日 (水)

私の好きな小説戯曲中の女

 小説戯曲中に現はれたる女性と申しても、小説戯曲は古今東西に渉り甚だその類が多く...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月28日 (火)

55

大学のポツト出に何が分るものか。この不可思議、微妙なる人生が、心理が。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

14

人道主義者は、私の内なる私、浄められ、ひきしめられたる状態の下に於ける、真の島田...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ある人に」より

 自分は黙してゐる。しかし何が自分に沈黙を強ひるのか、自分はここにかうして立つて...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

5

我が将来を見よ!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1

諸君は眼を双手で蔽うて、「太陽が出なくてはならぬ」と言ふけれど、太陽は出てゐるの...

» 続きを読む

| | コメント (64) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

167

不良者又は狂人と罵る一部の人よ、私の生活、行為、仕事のどこに狂気めいたことや不良...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

155

己れは、見くびつて失敗したことがなく、常に見くびらなくて失敗してゐる。このことは...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

123

「あなたは世と戦つて勝つたのだ」 「ふむ」 「で、今、世を、あなたは、どうかして...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«122